変拍子との格闘2017年11月18日

11月17日(金)は、

ピッコロ × 1
フルート × 2
バスーン × 1
E♭クラリネット × 1
B♭クラリネット × 6
アルト・サックス × 2
トランペット × 5
ホルン × 4
ユーフォニアム × 1
テューバ × 2
パーカッション × 3
ピアノ × 1

そして私の計30人で合奏しました。

『「リヴァーダンス」よりハイライト』に取り組み始めています。
ビル・ウィーラン作曲、ヨハン・デメイ編曲。
第2楽章の変拍子がとても難しい曲です。

第1回目の先週は、
指揮者である自分自身の制御が効かなくなり、
どんどんテンポを速くしてしまいました。

もちろん、
最終的にはハイ・テンポで演奏できるようにしたいですが、
初合奏の段階としては「やっちまった」なテンポ設定でした。

反省しきりです。

第2回目の昨日は、
メトロノームのお世話になることにしました。
転がりそうになるテンポ感を、
メトロノームを聴きながら振ることで抑えを効かせました。

8分音符=100。
楽曲指定のテンポが4分音符=200 ですから、
4倍の遅さということになります。
まずはしっかり慣れていこうということですな。

この日の2回目のトライでは、
8分音符=144 にアップしてみました。
さすがに 100 は遅すぎたかもしれません、
144 のほうがノリやすそうに感じました。

次回は 144 でスタートし、
できればもう少しテンポ・アップできたらと思います。
が、他の楽章にも取り組まないといけないので、
あまりやり過ぎないようにも気を付けたいと思います。

ところで、
7/8拍子は、
2+2+3の場合と、
3+2+2の場合があります。
やはり合奏だけでお伝えするのは難しいので、
別の方法でお伝えしようと思います。

あと、
リハーサル記号「124」の記入をお願いします。

『ノクターナル・アニマルズ』を観る2017年11月14日

あまりに衝撃的な内容。
いつもならパンフレットを買って、
映画を反芻するのですが、
この映画はもう充分だと思い、
パンフを買いませんでした。

が、観てから数日経っても思い出されるばかりの映画。
そんなに気になるなら、ということで、
改めてパンフレットを買い、読んでみました。

私にとっての今年のベストは『メッセージ』で揺るぎません。
その『メッセージ』に主演したエイミー・アダムスが『ノクターナル・アニマルズ』でも主演。
演技力のある人は何だってできるんですな。

あひるが丘保育園・依頼演奏2017年11月13日

秋晴れの11月12日(日)。
向日市物集女の「あひるが丘保育園」さんの、
「秋のお楽しみ会」での依頼演奏に行ってきました。

「行ってきました」と書くと、
私も演奏したみたいに聞こえますが、
私は取材に行っただけ。

出演してくれたのは「マイマイズ」。
せせらぎのホルン・チームです。
楽器の形状がネーミングの由来です。

20171112あひるが丘保育園依頼演奏その6

持ち時間が20分弱だったので、
演目は3曲。

まず1曲目は『でんでん虫組曲』。
あの、「で~んでんむ~しむしか~たつむり~」の変奏曲です。
ホルンらしさを活かした見事な選曲。

楽団内のアンサンブル発表会でも演奏されていた楽曲です。

2曲目は E テレの『ピタゴラスイッチ』のテーマ曲。
ホルン・アンサンブルをベースとしつつ、
リコーダー、ウッドブロック、鈴、ヴィブラスラップも取り入れた楽しい演奏。

もしも30年前の就職活動をやり直せるのなら、
ピタゴラ装置の制作か、
泥ニメーションの制作に携わりたい、
というのを思い出しました。

そして最後に『となりのトトロ・メドレー』。
テーマ音楽だけでなく、
劇中音楽を巧みに取り入れた編曲。

作品世界とホルンの音色とがベスト・マッチ。

あひるが丘保育園の皆さん、
楽しんでいただけたでしょうか。

実は私自身が楽しませてもらいました。

そしてマイマイズの皆さん、お疲れ様でした。

※※※

この日、
西は物集女から、
東は高野まで歩き倒しました。

帰り道の出雲路橋から観た夕焼けがきれいでした。

20171112出雲路橋からの夕景

リズムと音程2017年11月11日

11月10日(金)は、

ピッコロ × 1
フルート × 3(見学1含む)
E♭クラリネット × 1
B♭クラリネット × 8
アルト・サックス × 1
トランペット × 8
ホルン × 3
トロンボーン × 2
ユーフォニアム × 2
テューバ × 1
パーカッション × 3

そして私の計34人で合奏しました。

来年の1月末の日曜練習で、
選曲されている楽曲すべてを合わせることができるよう、
「広く浅く」取り組んでいるところです。

ただし、
「広く浅く」と言っても、
「荒っぽくて無茶苦茶」とはならないよう、
注意しているつもりです。

肝心なのはリズムですかな。

せめてリズムが理解できているところまでは、
今の段階で詰めておきたいところ。

そして音程ですな。

この際、
強弱の変化は無視したとしても、
リズムと音程はなんとか嵌め込んでおきたい。

『ゴースト・トレイン』を聴く2017年11月10日

堤俊作指揮・大阪市音楽団の CD 『ニュー・ウィンド・レパートリー1999』。
何気なく聴いていて、
トラック2~4に収録されている『ゴースト・トレイン』という楽曲に心を鷲掴みにされました。
エリック・ウイッテカーの1996年の作品。
今から21年前に作られたことになります。

せせらぎで演奏したことのあるロバート・スミスの『海の男達の歌』や、
スティーヴン・ライニキーの『ホープタウンの休日』も収録されている CD なので、
聴いたことがある筈です。
また、
『ゴースト・トレイン』っていう凄い楽曲があると話題になったのは覚えているので、
聴き飛ばした筈はありません。

以前聴いたときは、
印象に残らなかったのでしょうか?
それとも、
1990年代後半というのは仕事が忙しすぎた時期なので、
もしかしたら聴いていなかったのかも。

神秘的。
ロマンチック。
旅に出たくなる。

変拍子との格闘2017年11月9日

高速変拍子が炸裂する難曲『「リヴァーダンス」よりハイライト』。
その合奏練習にもうすぐ突入します。

4/4拍子なら「4/4」、
6/8拍子なら「6/8」と、
濃く太く 5B 以上の鉛筆で書き込んでおくのが常の準備ですが、
『リヴァーダンス』はそれでは追いつかない気がします。

そこで、
多くの指揮者の方々が書き込みされる、
直感的に分かりやすい図形を用いてみることにしました。

決まった書き方はなく、
各自がよいように書けば OK 。

ではあるんですが、
例が欲しいと思い、
『学ぼう指揮法』や、
岩城宏之さんの『楽譜の風景』に書いてある例を参考にしました。

特に岩城宏之さんの本に書いてあった、
1950年代半ばに来日し N 響を振ったジャン・マルティノンの図形に近いものにさせてもらいました。

ひとまず書き込みできましたが、
それで安心してしまわないように気を付けます。

後輩とバッタリ出会う2017年11月7日

四条河原町から阪急の9300系特急に乗車。
窓側の席に座り、
拍子をとるのに苦労するのが目に見えている『リヴァーダンス』をとにかく読み始めようと思っていました。

四条烏丸で停車。
乗車してきた人の中に、
じーっと私を見ている視線を感じ、
目を上げようとした瞬間、
先に私の名前を呼ばれました。

顔は覚えている。
でも、名前が …
と思っていると、
自ら名乗ってくれました。

2歳下で、
中学・高校と一緒に吹奏楽をした S 君なのでした。

中学ではクラリネット、
高校でバスーンにコンバート、
ということなのですが、
私にとってはずーっとバスーン奏者のイメージです。
ただし、
中学にはバスーン自体ありませんでしたが。

専門の道に進んだ S 君は、
フリーのバスーン奏者として頑張っています。
この日は兵庫県立芸術文化センター管弦楽団に、
コントラバスーンの助っ人として練習に行くとのこと。
(今回の指揮は佐渡裕さんではないそうですが)

私の持っている『リヴァーダンス』のスコアに気付いた S 君。
編曲者のヨハン・デメイの写真を見て、
ヨハン・デメイの指揮で大阪市音楽団に混じって吹いたことがあると教えてくれました。
何の曲を演奏したのか聞くのを忘れました …

高校の何年も下の後輩には、
京響でトロンボーンの首席を務めている人や、
N 響でトランペットの首席をやっている人がいることを教えてくれました。
期が下すぎて全く分からないのですが、
トップ・プレイヤーとして頑張ってる後輩がいるのは嬉しいものです。

それにしても、
S 君は全く変わっていませんでした。
フリーでやっていくのは大変だと思うのですが、
そんな色を微塵も見せませんでした。
むしろ、
いろんなことへの興味が旺盛な様子。
『リヴァーダンス』にも目を光らせていました。

一番嬉しいのは、
このように瑞々しい感覚を失わない後輩が頑張っていることです。

譜読みにキリをつけるか、やり残すか?2017年11月6日

息詰まる接戦となった日本シリーズ第6戦。
結果的にはソフトバンク・ホークスが優勝を決めましたが、
横浜DeNAベイスターズが勝ってもおかしくない試合だったと思います。

最初から最後まで食い入るようにテレビ観戦させてもらいました。

この試合の前に散々悩んだのが、
『オペラ座の怪人』の譜読みにキリをつけてからテレビを観るか、
それとも中途半端な終わり方でもいいから観戦するかです。

結局、中途半端で終わらせて試合を頭から観ることをチョイスしたのですが、
意外と良かった気がします。
というのは、譜読みの続きに取り組みたい気持ちに、
自然となることができたからです。

今日はここまで!とスパッとやめるのも、
割とイイのかも知れませんな。

3連符との格闘2017年11月4日

このタイプの3連符とはしばしば出会うと思います。

20171103_3連符その1

しかし、
これには殆ど出会わないのでは?

20171103_3連符その2

『デイ・トリッパー』で登場するこのリズム。
理屈で分かっても、
演奏してみると難しい。

これだけ抜き出してできても、
楽曲の中で、
音程に変化がついて、
前後に違う音型があると、
途端に狂いが生じます。

最初のビートがいきなり休符というのは、
やはり曲者ですな。

リズムと格闘2017年11月3日

11月3日(金)は、

フルート × 1
バスーン × 1
B♭クラリネット × 6
アルト・サックス × 2
テナー・サックス × 1
トランペット × 6
ホルン × 3
トロンボーン × 1
ユーフォニアム × 2
テューバ × 2
パーカッション × 2

そして私の計28人で合奏しました。

難しいリズムと格闘しております。

私のスコア読みも、
音程を度外視してリズム一辺倒で読んでおります。
何度も何度もつかえながら読んでいます。

今日の合奏でも、
最初はかなりリズムが間違っていました。

が、
何度か小返しするうちに、
矯正できました。

良かったと思います。
この調子で進めていきましょう。