新コラール初合わせ2019年11月17日

11月15日(金)には、
テューバ奏者兼副指揮者 K さんの新作コラール、
『 CHORALE TRANQUILLO 』の初合奏も行いました。

” TRANQUILLO ” は、
私の手持ちの音楽辞典では ” トランクイロ ” と書いてあります。
ものによっては、
” トランクィーロ ” だったり、
” トランクィッロ ” だったりするかも。

合奏メニューを楽員の皆さんにお知らせするとき、
横文字を出来るだけカタカナに変換しています。
楽員の皆さんが分かりやすいように、
という配慮のように思わせて、
実は私自身が分かりやすいようにしているのでした。

今では My PC も『コラール・トランクイロ』を覚えてくれましたが、
当初は『コラール・トランク色』と変換されて閉口しました。

余談ですが …

さて、
『コラール・トランクイロ』はイ長調で書かれています。
なかなか難しい調性です。

事前準備で、
K さんから送ってもらったフル・スコアをコンデンスする作業は行っていました。
が、音にしてみたことはありませんでした。
ですので、私にとっても、この日聴いたのが初めての『コラール・トランクイロ』でした。

コンデンスド・スコアにしておいたものを、
今日少しだけクラビノーバで弾いてみました。

スラスラ弾ける訳ではありませんが、
音色をオルガンに変え、
ペダルで引き延ばしたりしながら、
和音進行を中心に弾いてみました。

柔らかいですな。
次の合奏では、ほんの少しだけになるかもしれませんが、
突っ込んだ稽古にしてみたいと思います。

『トリトン・デュアリティ』とのバランスも考えつつ。。。

練習のバランスを考えないといけない。2019年11月15日

11月15日(金)は、

ピッコロ × 1
フルート × 2
E♭クラリネット × 1
B♭クラリネット × 7
アルト・クラリネット × 1
ソプラノ・サックス × 1
トランペット × 2
ホルン × 4
ユーフォニアム × 1
パーカッション × 1

そして私の計22人で合奏しました。

前の週の練習をお休みさせていただいたので、
私にとっては『トリトン・デュアリティ』の初合奏となりました。

いやはや、とても難しい楽曲です。

ただし、出来ない楽曲とも思えません。

どんな楽曲に取り組む際もそうなんですが、
楽譜にはいろんな情報が記されています。
楽典に従い、
それらを再現していけば最低限のことは出来ます。

奏者の皆さんとしては、
まずはごくごく当たり前の作業に取り組んでいただきたいと思います。

それでも、
「これで合っているの?」と思わせる作りなのも事実です。
そこは私が交通整理していかなければならないと思っています。

また、
難しい楽曲だからといって、
『トリトン・デュアリティ』ばっかり練習するのもどうか?
と思います。
トランペットのベテラン奏者 K さんからもそんな言葉を伺いましたし。

練習頻度のバランスを考えようと思っています。

この土曜日・日曜日は、
私用で草津(ほとんど栗東)や峰山(ほとんど日本海)に出ずっぱりですので、
練習計画の発表は週明けになってしまうと思いますが、
よろしくお願いいたします。

新譜・初合わせ2019年11月10日

私はお休みさせていただいたので、
コンサートマスターの U さんと、
テューバ奏者兼副指揮者の K さんが指揮を執ってくださいました。

新譜『トリトン・デュアリティ』の初合奏はなかなか大変だったようです。

次回は私の体調も復していることと思いますので、
頑張りたいと思います。

休養させてもらいました。2019年11月9日

11月8日(金)は、
来年の演奏会に向けて、
新譜『トリトン・デュアリティ』の初合わせでした。

が、私は急きょお休みさせていただきました。

実は10月の終わり頃から風邪気味でした。
一日の寒暖差に対応しきれていなかったのが原因だと思います。

夏なら、汗を掻いても、冷房の効いた室内に入れば服が乾いてしまいます。
よく歩くので冬でも汗びっしょりになりますが、
暖房の効いた室内でやっぱり服は乾いてくれます。

今くらいの気候の時期が微妙で、
冷房が効いている場所もあるかと思えば、
暖房してある場所もある。
冷房が効いていると冷えてしまうし、
暖房が効いていると暑くて仕方ない。
一番いいのは掻いた汗を拭きとって着替えることだと思うのですが、
それを怠りました。

11月4日までは気が張っていたのだと思います。
大した風邪じゃないと思っていました。

11月5日からは年休を取得して、
『トリトン・デュアリティ』の準備をしていました。

大枠で捉えること、事細かに譜読みすること、
同時進行で進めていた最中、
6日に発熱し、
症状が顕在化してしまいました。

8日には熱も下がり始めましたが、
この日からの出社は見合わせました。

昼間ゆっくりしたので、
夜の練習に行こうと思えば行けなくもなかったと思いますが、
今はまだ無理をする時期でもないだろうと判断し、
また自身の年齢も考え、
無理せず休ませてもらった次第です。

役員の皆さんには「こんな練習方針でいきたい」というのは伝えさせてもらいましたが、
とはいえ、
おそらく各自の楽譜を何とかしようとしておられる段階で、
いきなり全体の取り仕切りは大変だったと思います。
申し訳ありません。

来週は何とか参加したいと思います。

結婚式依頼演奏2019年11月4日

11月4日(月・振替休日)は、
琵琶湖マリオットホテルにお邪魔して、
結婚披露宴での依頼演奏を行いました。

依頼主は、
新婦である楽員(ホルン)の H さん。
ご自身の結婚披露宴に、
せせらぎフルバンドでの演奏をご希望されたのです。

打楽器奏者である新郎の K さん、
K さんのご友人にも加わっていただき、
50人強で賑やかに演奏させていただきました。

個人的には経験がありますが、
せせらぎ全体として披露宴で演奏するのは初めてだったと思います。
物凄く緊張する場でしたが、
それがまた新鮮で、
いい経験になりました。

新郎新婦、ご両家、ご親族の皆様にとっての佳き日の一助となったでしょうか。

御幸橋~山城大橋2019年11月3日

京都八幡木津自転車道線の続き。

石清水八幡宮駅近くの御幸橋を出発し、
木津・泉大橋を目指してどこまで歩くか、
地図とにらめっこしながら思案します。

歩き終えるにも、
次回の出発点とするにも、
駅チカが便利。

ということで、
新田辺駅に近い、
国道307号線が通る山城大橋を今回の終点に定めました。

グーグル・マップでシミュレーションしてみたところ、
13 km の道のりです。

御幸橋から木津川を遡っていきます。
石清水八幡宮駅まで乗ってきた京阪電車の鉄橋を潜って出発です。

もはや分かりきったことですが、
遮るものの何もない吹きっさらしです。

ただひたすら、
黙々と、
一歩一歩進んでいきます。

今回の歩きで多く見かけたものに、
「樋門」があります。
おそらく、
木津川に注ぐ中小の河川の河口付近に設置された水門ではないかと思われます。
東日本に大きな爪痕を残した10月の台風水害の際、
こういった水門を閉めて大河川からの逆流を防ごうとした結果、
逆に中小河川の水の行き場がなくなって洪水になった、
という報道に触れました。
京都でもその可能性があるのだろうか?
などなど考えながら歩きました。

木津川大橋(国道1号線)を越え、
新木津川大橋(第二京阪道路)を潜ると、
上津屋橋(流れ橋)に行き着きました。

川の水量が増えたら、
橋桁が流れるようになっているのが流れ橋だそうですが、
まさに流れていました。
流れていなければ歩行者は通ることが出来るそうですが、
この時はもちろん通行止めでした。

そもそものスタートが14時15分と少し遅め。
新木津川橋(京奈和自動車道)を越え、
近鉄京都線の鉄橋(富野荘駅~新田辺駅間)を潜り、
山城大橋(国道307号線)に到着した頃には、
日がかなり傾いた16時45分になっていました。

今回の終点であり、
次回の出発点です。

本番直前と連休前が重なってしまった2019年11月2日

今年も残すところ2か月となりました。

11月1日(金)は、

ピッコロ × 1
フルート × 3
E♭クラリネット × 1
B♭クラリネット × 9
アルト・クラリネット × 1
アルト・サックス × 1
テナー・サックス × 1
トランペット × 5
ホルン × 6(エキストラ1含む)
トロンボーン × 3(エキストラ1含む)
ユーフォニアム × 3
テューバ × 1
パーカッション × 3(エキストラ2含む)

そして私の計39人での合奏、
と書くのは、
ちょっと厚かましいかな、と。

と申しますのは、
危惧していたことがやはり現実となり、
連休前の忙しさで仕事から抜け出すことが出来ず、
私がスタジオに入ることが出来たのは20時30分頃だったのです。

それまでの時間帯は、
テューバ奏者で副指揮者でもある K さんに取り仕切っていただき、
本番で演奏する楽曲を小返ししてもらいました。

ですので、
副指揮者 K さんの指揮による38人での合奏、
というのが正確なところです。

私が到着したのは、
この小返しが終わる正にその瞬間であり、
あたかもその時間に合わせて扉を開けたみたいになってしまいました。

私が指揮したのは、
ラスト15分間、
全曲通しのみ。

役員の皆さんにはメールでお知らせしたのですが、
大阪梅田を19時40分に発車する特急に乗車したら、
20時30分スタジオ着となりました。

もしも退社がちょっと遅れて、
19時43分発の快速に乗っていたら、
もはや合奏には参加出来なかったと思います。

スレスレでした。

三川合流点2019年10月30日

嵐山から木津まで45 km 続く、
京都八幡木津自転車道線。

以前、京阪・淀駅の近くの桂川に架かる宮前橋から、
嵐山までの約18 km を歩いたことがあります。

宮前橋から木津・泉大橋までの、
残り27 km を歩いてみたいと思いながら、
なかなか実行出来ずにいました。

この道、ほぼ堤防の吹きっさらしです。
遮るものが何もありません。
よって酷暑の夏や極寒の冬は避けるべきです。

奇跡的ともいうべき気持ちのいい天気の今頃が狙い目。

そんな訳で急に思い立って、
宮前橋から木津方面へ向かって歩いてみることにしました。

流れているのが桂川で、
向こうに見えるのが天王山。
土手の上の自転車道を、
ただひたすら歩いてゆきます。

無茶苦茶ダイナミック。
自分のちっぽけさがよく分かります。

京滋バイパスの下をくぐって少し行くと、
道は鋭角に左に折れ、
少しだけ宇治川に沿って歩きます。

八幡の方角に向かって御幸橋を渡ると、
木津川と宇治川に挟まれた背割堤に到着です。

写真は「さくらであい館」の展望塔から撮りました。
左が木津川で、右が宇治川。
分かりにくいのですが、
向こうの方に桂川が流れています。

背割堤の端っこまで、
歩ける限り歩いてみましたが、
さすがに三川合流点までは行き着くことが出来ませんでした。
多分あの辺が「点」なんやろな、
と想像するのみ。

桜並木で有名な背割堤ですが、
昨年の台風で多くの桜の樹が倒れてしまいました。
切り株だけが残されている所が沢山ありました。

今回は、以上。
京阪の石清水八幡宮駅(つい最近、八幡市駅から駅名変更)から電車で帰りました。

結果的には淀駅から石清水八幡宮駅の一駅間を歩いただけですが、
背割堤の往復で3 km くらいかかっていることも合わせると、
やはりかなりの距離を歩いたと思います。

最終目標の泉大橋までを何回かに分けて歩く計画なので、
少しでも距離を稼いでおくことが出来たのは、
次回以降の助けになる筈です。

大仙陵古墳2019年10月29日

堺の三国ヶ丘へ行く用事が出来まして、
地図を調べますと、
JR 阪和線の三国ヶ丘駅って、
仁徳天皇陵(大仙陵古墳)のすぐ横だったんですね。

知りませんでした。

せっかくなのでグルッと一周してみました。

前方後円墳が、
濠(という言い方で合っているのかどうか分かりませんが)で囲まれているのは、
皆さんよくご存知だろうと思います。

その濠ですが、
二重になっているんですね。

ですので、見えているのはいわゆる外濠なんですね。

まあ、とにかく広大なエリアです。
歩いても歩いても次の角がやって来ない、
そんな感じです。

ようやく辿り着いた古墳の正面は、
お参りできるようになっていました。

ですが、もちろん古墳の中に入ることは出来ません。
そして、全体像を見ることは出来ません。

ドローンを飛ばすか、
ヘリコプターに乗るか、
熱気球に乗るか、
ウルトラマンになるかしないと、
とても前方後円墳の形を実感することは出来ないでしょう。

一箇所、歩道橋があったので、その上から望んでみたのですが、
前方後円墳の、おそらく「円」に当たる場所のてっぺんと思われる木々が見えました。
具体的な高さはちょっと分からないのですが、
恐ろしく高いな、という印象でした。

一番乗りと、人の集まりとの相関関係2019年10月27日

先日はスタジオに一番乗り出来たのですが、
そういう日に限って人の集まりが悪い。
これまではそんなことが多かったものです。

が、10月には、
スタジオ一番乗りを含めて、かなり早く到着出来ることが多かったのですが、
人の集まりが悪いということはなかったです。
むしろ大勢で合奏出来ました。

もちろん、本番が近いという好条件にも恵まれたからでしょう。

が、以前は、
本番が近くても、
私が早く行くことが出来た日に限って、
人の集まりが悪いということが結構あったのです。

実際そのことを口にする楽員さんもいらして、
ち~っとばかし気に病んでいました。

が、遂に悪循環を断ち切ることが出来たようです。

まあ、冷静に考えればたまたまなんでしょうけど。