もしも今日が演奏会当日であったなら2020年7月5日

一番気になるのは天気。
朝は、
小さな小さな雨粒がパラつく程度。
楽器運搬にほぼ影響なし。

昼前からグングン気温が上がり出し、
蒸し暑いことこの上なし。
炎天下で開場を待ってくださっているお客さんのことを思うと、
開場時間を早めるかどうか、
悩ましいところです。

天気予報によると、
夕方まで何とか持ってくれるかどうか。
祈るような気持ち。

※※※

本来なら沢山の来場者を迎えたいところですが、
コロナ禍により、
たとえ開催出来たとしても、
客席を満たすことは不可能だったでしょう。

それ以前の問題として、
消防法上の問題から、
自由席制が難しくなってきていました。

自由席制の映画館も、
コロナ禍をきっかけに指定席制に移行したところがあります。
次に大きな演奏会を催す時には、
私たちもしっかり考えておかないといけません。

※※※

奏者と違い、
指揮者は音を出さなくても準備は出来ます。
地味で地道な日常はコロナ禍以前とさして変わりませんが、
やはり週に一回、
実際にタクトを握って、
楽員の皆さんと一緒に練習することを積み重ねないと、
本番は覚束ないでしょう。

※※※

学校の部活の最終学年という訳ではありませんから、
演奏会が一回キャンセルになったからといって、
落ち込むような気持ちは私にはありません。

が、
諸々の事情で今回の演奏会を最後にしなければならなかった方々のことを思うと、
京都こども文化会館のことを思うと、
胸が痛みます。

演奏会前日2020年7月4日

演奏会の前日の過ごし方は人それぞれ。
最後の追い込みで練習しまくる人もいれば、
疲れを残さないためにゆっくりする人もいます。

私は明らかに後者。
前日に全体練習をしようと主張する声もあるのですが、
何年にもわたって「それはやめとこう」と言い続けてきました。
ホントのことを言うと、
最後の追い込みをやっている人にも「やめときなはれ」と言いたいのですが、
個人のことなのであまり首を突っ込まないように気を付けています。

7月4日(土)。
本来なら演奏会の前日です。
もちろん演奏会はキャンセルされていますが、
個人的には例年通り、ゆっくり過ごしています。

ティモシー・シャラメの背中の丸め具合が監督自身を思わせる、
ウディ・アレンの『レイニーデイ・イン・ニューヨーク』。
「レイニー」じゃなく「豪雨」の中を劇場まで足を運びました。

ありふれた一日が全く予想しない方向に振り回され、
拗ねた子のようだったティモシー・シャラメが、
母との会話の中に見出す意外な光。
名作『ミッドナイト・イン・パリ』を彷彿させる納得のラスト。
(ちょっと書き過ぎましたが)イイ映画でしたな。

明日はどんな一日になることでしょう。

この人の歌声だったのか!2020年7月4日

着席数を制限しつつも、
少しずつ元に戻りつつある映画館。
嬉しい限りです。

コロナ禍によって延期されていた作品も少しずつ上映され始めたので、
映画館のホームページを眺めては観に行くスケジュールを頭の中で組み立てます。
旅行計画を立てるのと同じで、楽しいひとときです。

予定通りなのか、はたまた延期された結果なのか分かりませんが、
楽しみにしていた『ワイルド・ローズ』が6月26日からスタートしました。
奨励されている時差通勤を活用し、
午前半休を取ることもなく、
朝イチの回を観に行きました。

主演のジェシー・バックリーの歌声があまりにも素晴らしく、圧倒されまくり!
ホントに観応え、聴き応えのある映画でした。

ところで、
ジェシー・バックリーってどこかで観たことあるな、
とずっと思っていました。
パンフレットで確認しようと思ったら、
珍しくパンフレットが制作されていない作品でした。

そこでネットで調べたんですが、
何と!
レネー・ゼルウィガーがジュディ・ガーランドを演じた『ジュディ 虹の彼方に』で、
マネージャーのロザリンを演じていたのです!
ああそうだ!
言われてみれば!

あまりの演技の幅の広さにビックリ仰天

オンライン会議を重ねてみて2020年7月4日

仕事でオンライン会議しない日はありません。
本来なら会議室でやる会議、
出張を伴う会議はもちろんのこと、
社内のちょっとした打合せ、
出社している人とテレワークしている人が共通資料を見ながらの読み合わせ、
テレワークしている人同士の話し合い等、
使い方は様々です。

何だかなぁ~と思う反面、
メリットもあって、
例えば声の小さい人の発言もヘッドセットを通してよく聞こえるので、
聞き洩らしが殆どなくなりました。

でもやっぱり、
打てば響くようなリズム感に欠けるので、
テレビ会議は難しいなぁ~と思います。

楽団の役員会も昨日(7月3日(金))で3回目のオンライン開催でした。
1回目、2回目と、
普段の練習がある時のリズムに合わせて、
つまり合奏終了時刻の21時から開かれました。
3回目は私からの申し出で、
20時スタートにさせてもらいました。
早寝早起きがすっかり沁み付いた身には、
少しでも早く終わって眠りたいからです。

ところが、そんな日に限って、
仕事が終わりません。
このところ、時差通勤が奨励されていることもあって、
早ければ15時や16時に退社してしまうこともあるのですが、
この日は大阪梅田で阪急電車に乗るのが20時になってしまいました。

(仕事終わりでデスクに居残ってオンライン会議に参加することも出来たのですが、
さすがにそれはご勘弁を … )

大雨の中、
京都河原町終点からタクシーを飛ばし、
何とか21時過ぎから会議に入室することが出来ました。

やっぱり役員会は21時スタートがいいみたいです。
反省しております。

と同時に、
もしもせせらぎコンサートがあったとしたら、
直前の最終合奏に間に合わない事態だと気付き、
背中を冷や汗が伝いました。

またもやデスプラが突き刺さる2020年6月15日

映画を観て、いい音楽だったなと思いながらエンド・クレジットを眺めていると、
アレクサンドル・デスプラだったということがしばしば。

『ストーリー・オブ・マイライフ わたしの若草物語』もそうでした。

久しぶりに音楽が鳴りまくる映画やなと思ったのですが、
全然うるさくない。
というより、映画に寄り添っている。

グレタ・ガーウィグのメガホンということで公開が待ち遠しかったこの映画。
ホントに素晴らしかった。

オンライン会議2020年6月13日

楽団の役員会を、
オンラインで2回こなしました。

職場では会議室の利用が禁止されたままなので、
直接顔を合わせる会議が出来ず、
自席や自宅からのリモート参加。
たまたま隣席の人も出席していると、
お互いヘッドセットをかけて、
パソコン越しの会話になったりして妙な感じ。

東阪の出席者が半々くらいで、
必ず東京で開催される会議があります。
毎月の東京出張は負担が多いという大阪からの出席者の声が強く、
コロナ禍以前から何回かに一回はテレビ会議になっていたのが、
今ではすべてウェブ会議。

他の東阪会議も、
こちらは出張費削減のためにリモート会議が推奨されていました。
ただし、あくまでも推奨でしたので、
出張しても経費が落ちないというところまでの強制力はありませんでした。
が、コロナ禍により、
強制されるまでもなくテレビ会議に移行しました。

経費の面からは東京以外の出張は規制されていません。
全国を4つのブロックに分けて行われる系列会社の会議は、
今年は岩手、長野、大阪、宮崎で開催される予定でした。
残念ながら、すべてウェブ会議になってしまいました。
感染者ゼロの岩手に乗り込むなんて、
今は避けなければならないのでしょうが、
ホントに残念。

このうち大阪の会議は、
先週、無事終了したのですが、
私の勤務先が幹事社で、
私が座長でした。
会議の司会なんてそもそもしんどいのですが、
そこに加えて慣れないテレビ会議の進行役。
たまったもんじゃありません。

が、ホントに大変なのは、
会議の後の懇親会。
ちょっとだけ本音を漏らすと、
リモート会議、イコール、懇親会なし、に救われました。

それでもちょっとだけ困ったのが、
会議終了を宣言しているのに、
なかなか退出しようとしない方が多いのです。
これは噂に聞くオンライン呑み会をしたがっているのだな、と思いましたが、
思い切ってバッサリとオフラインにしました。

『火の鳥』1945年版を聴く2020年6月10日

非常事態宣言が終わって早速、
JEUGIA とタワレコに飛び込みました。
朝ドラ『エール』のサントラや、
ストラヴィンスキーの CD を買い漁りました。

最も聴きたかったのは『春の祭典』ですが、
もちろん『ペトルーシュカ』も『火の鳥』も楽しみでした。

私がこれらの楽曲を初めて聴いたのは中学生のとき。
特に『火の鳥』(1919年版)には思い入れがありました。
自分自身の中学生活とリンクするように受け止めたからです。
演奏時間も20数分と聴きやすい長さであるのも良かったです。

『火の鳥』(1910年版)を聴いたのはずっと後になってから。
約1時間かかるのと、
(ストラヴィンスキー先生には大変失礼ながら)音が野暮ったい感じがします。
1919年版が2管編成なので軽やかでスタイリッシュなのに比べ、
4管編成の1910年版は重々しく、古臭く感じます。
(あくまでも私の印象です)

と言いながら、実は、
1910年版ばかり聴いていました。
1919年版の CD を持っていなかったから。

この度、久しぶりに1919年版を聴きました。
レナード・バーンスタイン指揮、
ニューヨーク・フィルハーモニックの演奏です。
おそらく、私が初めて聴いた『火の鳥』がこれだったのです。

今回買った CD の中には、
大変珍しい『火の鳥』(1945年版)があります。
30分強くらいの演奏時間だと思いますが、
私はこの版をかつて聴いたことがあったかどうか、
記憶があやふやです。
もしかすると初めてかも知れません。

ただし、楽譜は見たことがありました。
高校時代に、『火の鳥』の「序奏」を編曲する際、
恩師に渡されたスコアが1945年版だったのです。
1945年版の存在を知ったのもこのときでした。

M 先生は1910年版でも1919年版でもなく、
なぜ1945年版のスコアを選んだのでしょうか?
おそらく1919年版が一番入手しやすいと思うのですが。
もしかして、あまり深く考えず、
手にとったら1945年版だったとか …

今となっては確かめようもありません。
私がそちらへ行ったら、
まず一番に尋ねてみたいと思います。

マリス・ヤンソンス指揮、
バイエルン放送交響楽団の演奏する『火の鳥』(1945年版)は、
とても素晴らしい出来でした。
「終曲」が終わるとすぐに拍手が!
なんとライブ盤だったのです。
ライブでこの仕上がり!
さらに驚きました。

生活のリズム2020年5月31日

非常事態宣言の間、
皆さんはどんな暮らし方をされたでしょうか?

私はというと、
馴染みの呑み屋が軒並み「当面の間臨時休業」となってしまったので、
21時を待たずに寝てしまう日々が続きました。

すると、
翌朝4時とか5時とかには起きてしまいます。

仕事でも譜読みでも、
何もかもが前倒しで終わって行き、
夜は眠いので早く就寝。

そしたら朝は早起き。

ということで、
生活のリズムがとても良くなりました。

紺碧の空2020年5月30日

ぼちぼち5月も終わります。

6月を前にして、
空が曇ってきました。

それにしても、
これまでホントに空が青かったと思います。
何度も書いてきましたが。

先週の『エール』のテーマが “ 紺碧の空 ”。

相応しいタイトルでしたね、『エール』ファンの皆さん。
そして、空を見上げることの多かった皆さん。

イーハトーヴ2020年5月28日

一週間前の5月21日(木)は、
本来、宮崎に出張している筈でした。

今日(5月28日(木))は、
やはり出張で盛岡にいる筈でした。

いずれの出張もコロナ禍で中止。
テレビ会議となりました。

昨日でしたが、
たまたま冨田勲さんの『イーハトーヴ交響曲』を聴いていました。
イーハトーヴ=岩手です。
でっかい音楽でした。