迷いを振りきる。が …2019年9月16日

安全のための装具を使用せず、
全くの素手で岩壁を登る「フリーソロ」。

その第一人者を追ったドキュメンタリー映画『フリーソロ』。

観るべき作品に違いないと思います。
が、高所恐怖症の私にとっては、
ホラー映画ばりの怖さなのも間違いありません。

映画館に足を運ぶべきか否か、
大いに迷いました。
会社からの帰り、
上映時間の20分前くらいに映画館に辿り着くことが出来る電車があるのに、
やっぱりもうちょっと仕事しといたほうがいいだろうとか何とか言って、
会社から出るのを遅らせてみたり、
今日は疲れたからやっぱり呑みに行くべきだろうとか何とか言って、
映画館の前をスルーしてみたり、
いろんな言い訳を自分にしていました。

が、神戸在住のライバル(同志)が、
『フリーソロ』を観たっていうんです。

負けてられないと思い、
遂に観る決意を固めました。

クライミングのシーンばかりではありません。
フリーソロの第一人者であるアレックス・オノルドの日常も描かれます。
と言ってもクライマックスはやっぱりクライミング。
エル・キャピタンという名の絶壁をフリーソロで登ります。

ドキュメンタリーですから、
事実を追いかけています。
もしかすると彼の最後のフリーソロの取材となってしまった可能性だってある訳です。

ほんのちょっと指先が突起を掴み損ねただけで、
ほんのちょっと足先が滑っただけで、
真っ逆さまなのです。

嫌な想像ばかりして、
掌が汗まみれになりました。
足の裏がじっとりしているのも分かります。
(この稿を書きながらも掌に汗が滲んでいます)

最終的に、
彼はエル・キャピタンを完登します。
ハッピーエンドです。
が、私はぐったりしてしまいました。

タンキング2019年9月15日

近所の酒房でよく呑む酒、「天鷹(てんたか)」。
酔って、
調子に乗って、
「天鷹、天鷹、天鷹、天鷹ください!」
と早口言葉のようにまくしたてることがあります。

お店の人やたまたま横に居合わせた人が、
真似して早く言おうとするのですが、
噛んでしまってうまく言えないことが多いです。

そんなに難しいかなぁ~

ある時ふと気がつきました。
「テンタカ」の発音は、
8分音符 + 16分音符 + 16分音符のタンキング、
「タッタカ」とよく似ています。
(シラブルによっては「ティッティキ」「テッテケ」「トゥットゥク」など)

管楽器奏者であった頃、
特に高校時代はタンキングの練習をよくしました。
発音の基本である「T」はもちろんのこと、
ダブル・タンキングの際「T」の後に続く「K」。
これもよく練習しました。

昔取った杵柄だったんですな。

またもやトチる2019年9月14日

9月13日(金)は、
練習に参加できませんでした。

それほど忙しい一週間ではありませんでしたが、
やはり金曜日だけは立て込みました。
特に16日(月)が祝日なので、
仕事量がいつもの金曜日より多くなりました。

次の金曜日、20日も、
週明け23日(月)が祝日という形が同じです。

本番直前ですので、
何とかしたいと思います。

王道2019年9月11日

イギリス海峡にあるガーンジー島。
(ガンジーじゃなくて、ガーンジーでOK)
地図で見るとフランスの方が近い。
第二次大戦中、
ナチス・ドイツに占領されました。

映画『ガーンジー島の読書会の秘密』は、
戦中、そして戦後間もなくの頃のガーンジー島を舞台にした作品。

奇をてらうことなく、
映画の王道を真っ直ぐ行く作風だと思いました。
素晴らしい!

映画館を出るときに、
観に来てホント良かった、
そう思える作品です。

この映画を観て、
基本ってホント大切だと再認識しました。

それが跳ね返ってきたのが、
『コラール』の練習です。

全音符とか2分音符とかの、
いわゆるゆったりしたリズム。
最近、音価(音の長さ)がまちまちになってきているのを感じていました。
全音符なら8分音符が8つ、
2分音符なら8分音符が4つある筈なのに、
そういう音価に感じられないことが多い。

メトロノームをカチカチいわせて合奏してみました。

出張のついでに2019年9月11日

☆『天気の子』

東京・麹町での会議が15時から。
12時頃の新幹線に乗れば十分間に合うので、
朝一番の『天気の子』を観ました。

夏休みの明けた平日の朝イチをずっと狙っていました。
案の定、
MOVIX 京都で二番目に広いシアター10(332席)で、
5人での鑑賞でした。

『君の名は。』に続いて、
『天気の子』もめっちゃ面白い作品です。

RADWIMPS の音楽も素晴らしい。

リピートしちゃいそうです。

☆麻布十番

8月の最初。
いとこの奥さんが亡くなったと知らせを受けて、
葬儀の行われる東京の五反田に駆けつけました。

20年ぶりくらいに会う親戚ばかりだったのですが、
その中のいとこの次男・仁くんが、
麻布十番の和食の店「jin」のオーナー・シェフをやっていることが分かったのです。

麹町での会議後、
立ち寄らせていただきました。

若い頃に和食&イタリアンの修行を積んだと聞いていたのですが、
大変おいしく頂戴しました。

飲み物はいとこが支払ってくれる手筈となっていました。
遠慮なく、沢山頂戴しました。

近くからは六本木ヒルズが見えます。

と同時に、
一本裏の道に入ると閑静な場所もあります。
東京都立六本木高等学校もありました。

☆富士山

往路は曇っていて全く見えませんでした。

帰りは快晴。
東京からも見えていました。

新幹線の車窓から。

いつの間にやら、9月2019年9月7日

9月6日(金)は、

ピッコロ × 1
フルート × 1
E♭クラリネット × 1
B♭クラリネット × 9
アルト・クラリネット × 1
アルト・サックス × 1
トランペット × 3
ホルン × 5
トロンボーン × 3(見学1含む)
ユーフォニアム × 3
パーカッション × 4(見学1含む)

そして私の計33人で合奏しました。

9月22日の「朱三ふれあい祭り」が近づいてきました。
9月6日からは、本番の演奏曲目に絞っての合奏です。

本番直前の9月20日は、本番通りの曲順で稽古するとして、
9月6日と13日は順番を入れ替えています。

とにかく、全曲、やる。

さて、9月6日は久しぶりに30人を超えるメンバーが集まることができました。

私はと申しますと、
7~8月、仕事が大して忙しい訳でもないのに、
週末の金曜日だけはどうしても仕事が終わらず練習に間に合わないことが多々ありました。
この日はうまい具合に東京出張からの帰りの日。
一旦大阪には出なければならなかったのですが、
資料整理や出張精算が終われば特にすることもなく、
忙しい筈の週末金曜仕事にタッチすることもなく、
いつもよりは早めにスタジオ入りすることができました。

全曲を短い時間でやるのはなかなか大変ですが、
せせらぎコンサートで演奏した楽曲の再演もあり、
以前に演奏した楽曲の再演もありで、
予想していたよりはスムーズに練習できたかなと思います。

が、不足する楽器を補うため、
本来の楽譜に加え、
追加の譜面を演奏してくれるパートがあります。
屋外演奏のため自身の楽器の演奏を控え、
打楽器の助っ人に回ってくれる人もいます。
様々な苦労や工夫、遣り繰りで何とか凌いでいます。

乗りきりましょう。

雲に届いたか2019年9月1日

8月30日(金)は、

ピッコロ × 1
フルート × 1
E♭クラリネット × 1
B♭クラリネット × 6
アルト・クラリネット × 1
バス・クラリネット × 1
トランペット × 4
ホルン × 4
ユーフォニアム × 1
テューバ × 1
パーカッション × 3(見学1含む)

そして私の計25人で合奏しました。

※※※

高校時代の2期下の後輩、N が亡くなりました。

高校卒業後、
N は私鉄の車掌になり、
そして運転士になりました。
彼の乗務する電車に乗ったことが何度かあります。

その後、N は広報のセクションに異動しました。
今から二十数年前、
私がラジオのディレクターをしていた頃には、
仕事での交流もありました。

お互いの務める会社がご近所であるにもかかわらず、
それ以来出会うことがなくなっていました。

梅田駅で久しぶりに N を見掛けたのは、
今から3~4年前の朝だったと思います。
出勤時でした。
奥さんに支えられながら、
杖をついて会社に向かう姿が痛々しく、
私は声を掛けることすら出来ませんでした。

が、ある日、遂に意を決して、「おはよう」の挨拶をしました。
「病気なのか?」と尋ねると、
「そうです」と返しました。
何の病気なのかまで問うことが怖くて出来ませんでした。

それからしょっちゅう朝の出勤時に会いました。
N と、必ず寄り添っておられる奥さんに「おはようございます」を言い、
お二人が「おはようございます」を返してくれる、
ただそれだけの営みを何度も繰り返しました。

N の姿を見続けて、
映画バカの私は、
『博士と彼女のセオリー』のホーキング博士の症状とよく似ていると感じていました。
会うたびに少しずつ歩き辛さが増しているのが分かりました。

それでもやはり「おはよう」しか声掛けしない日々が続きました。

ある日、
N を会社に送り届けて京都へ帰る奥さんの姿を見掛けました。
意を決して N の病名を尋ねようかどうしようか悩みました。
が、声を掛けることする出来ず見送りました。

奥さんが一人でおられるところと出くわしたのはこの一回きりです。

結局、N の病気が何なのか分からず仕舞いです。

が、それが分かったからといって、どうなるのでしょうか。
N や奥さんに面と向かって病名を聞いてどうなるのでしょうか。

※※※

高校の同期から N が亡くなったと知らされました。
遂にその日が来てしまったのかと思いました。

練習日ではありますが、
東向日で途中下車してお通夜に参列させていただきました。

お経を聴きながら、
車椅子を使わないと難しい状態だと思われるのに、
杖をつきながらあくまでも歩こうとした N は凄いな、
彼に寄り添い支え続けた奥さんは偉いな、
働き続けることが出来るようにサポートした電鉄会社は太っ腹やな。
いろんなことが思われました。

お通夜が終わって四条大宮のスタジオに駆けつけたとき、
合奏のための残り時間は約10分になっていました。

この日のラスト・メニューは『坂の上の雲』のテーマ音楽『 Stand Alone 』です。

いつもは合奏前半に組み込んでいたこの曲を合奏のラストにしたのはこの日だけ。
トランペットの Y さんの申し出によりそうしたのでした。
神の配材としか思えません。

『 Stand Alone 』が N に届くよう念じて、
この日の練習を終えました。

映画『ロケットマン』を観る2019年8月29日

音楽映画ということでは、
『ボヘミアン・ラプソディ』の大ヒットが記憶に新しいですが、
『ロケットマン』はどうなるのでしょうか?

まあ、ヒットするかどうかは私にとってはどうでもいいこと。
そんなことより、
エルトン・ジョンを演じたタロン・エガートンが凄すぎる映画でした。

タロン・エガートンを知ったのは、
コリン・ファースとダブル主演を張った『キングスマン』でした。
デビュー作なのかどうかは知りませんが、
この映画で一気にブレイクしたのは確かです。

『キングスマン』でド派手なアクションを披露し、
その恐るべき身体能力を知らしめたタロン・エガートンですが、
『ロケットマン』ではさらに、
歌も踊りも抜群であることを示したのです。
(歌はアニメ『シング』で既に披露していたそうですが、私は知らなくて … )

応援上映2019年8月28日

会社帰りによく呑みに立ち寄る小料理屋さんで、
こんなときだからこそ、
京都アニメーション作品の応援上映をやるべきだ!
と気炎を上げることがちょくちょくありました。

先週の金曜日からだったか、土曜日からだったか、
MOVIX 京都で、
ホントに応援上映が始まりました。

週替わりで、
京アニ作品を上映していくそうです。

素晴らしい取り組みだと思います。

新譜が配られる2019年8月27日

今年の秋はフルバンドでの出演が既に2つ予定されているので、
せせらぎコンサート終了後に暇で困るということがありません。
むしろ忙しい。

初めて演奏する楽曲はもちろん、
今年のせせらぎコンサートで演奏した楽曲の再演もあるし、
かつて演奏した楽曲の再演もあります。

その中の一曲が『 Stand Alone 』。
数年前に NHK で放送された『坂の上の雲』のテーマ音楽です。

久石譲さんの書いた管弦楽曲を、
長生淳さんが吹奏楽にアレンジしたもの。

原曲が素晴らしいのに加え、
編曲が素晴らしく、
スコアを読んで音を思い浮かべるだけで気持ちイイのです。

さて、この度、来年の演奏会に向けて新譜が配られました。
『トリトン・デュアリティ』。
長生淳さんの作曲です。

遂に長生淳さんのオリジナル曲を演奏することになりました!!!

と言っても、
実は長生淳さんのことをよく知っている訳ではありません。
ただ、『英雄の時代』を生で聴いたことがあるのです。

『英雄の時代』というのは、
長生淳さんの書いたサクソフォンと吹奏楽のためのコンチェルト。
須川展也さんのソロ、
東京佼成ウインドオーケストラの演奏で、
おそらく世界初演を聴いています。

これが圧倒的な楽曲であり、
圧倒的な演奏だったのです。

私の中に「長生淳」という名前が強烈な印象と共に記憶されたのでした。

そして『 Stand Alone 』。
国難に立ち向かった人々の群像劇に、
「凛とした」佇まいで寄り添った久石譲さんの原曲を、
見事な編曲で吹奏楽にしたのも長生淳さん。

さらに『トリトン・デュアリティ』。
秋の夜長の譜読みが楽しみです。