未分類

『かぞくいろ』を観る2018年12月11日

『 RAILWAYS 』シリーズ。

第1作は中井貴一さんが主演し、
49歳で一畑電車(島根)の運転士になる男の物語が描かれました。

第2作は三浦友和さんと余貴美子さんが夫婦役でダブル主演。
富山地方鉄道が舞台でした。

そう言えば、
第1作で三浦貴大君がデビューしたのではなかったかな?
三浦友和さんと山口百恵さんの息子さんの。

第1作が2010年で、
第2作が2011年。
それからかなり年月があいたから、
もしかして2作で終わりやったんやろか、
と思ってました。
が、数か月前から映画館で第3作『かぞくいろ』の予告篇が流れ出しました。
舞台となるのは肥薩おれんじ鉄道。
今年は鹿児島に2回も行ったことだし、
とても楽しみにしていました。

ぴったり2時間ある映画ですが、
あっという間に終わったと感じました。
この感覚は久しぶりです。
派手なアクションがある訳でなく、
人間ドラマが淡々と進んでいく流れで、
長さを感じさせないのは立派やなと思いました。

ベテラン運転士役の國村隼さん、素晴らしかったですな。
いぶし銀で。
こんな風に年齢を重ねられたらいいなと思いました。

そして音楽が素晴らしかったですな。
『西郷どん』の富貴晴美さんです。
早速サントラを買ってしまいました。

腹巻2018年12月10日

本格的に寒くなってきましたが、
私はジャンパー派です。
コートだと歩きにくくて仕方ないのです。

でもジャンパーは、
裾から寒気が入ってきていかんのです。
特にここ数年、
お腹が冷えてどうしようもなくなってきました。

ってな訳で、
ブレスサーモの腹巻を買ってみたんですが、
これがとてもイイんです。
体の中心が温かいってのは、
テンションが上がりますな。

一般バンドとなると屋外で演奏することはまずありません。
が、休日に戸外で個人練習する人がいてはるかも知れません。
襟元や手先を温めるのも大切ですが、
お腹も大切ですぞ。

やはり、2分割と、3分割との切り替えは難しい2018年12月8日

12月7日(金)は、

ピッコロ × 1
フルート × 3
バスーン × 1
E♭クラリネット × 1
B♭クラリネット × 6
アルト・サックス × 2
トランペット × 3
ホルン × 1
トロンボーン × 1
ユーフォニアム × 2

そして私の計22人で合奏を行いました。

このところ、歩きもっての鼻歌トレーニングをさぼっておりましたが、
久しぶりにやってみました。
手袋をはめずにフリクション・ボールを持つのが冷たいですな。
つい先日は半袖で充分な暖かさでしたが …

鼻歌は『蘇州夜曲』です。
4分音符=69~72、
8分音符に直すと138~144。
このテンポで歩くのはかなりしんどいです。
近いテンポまでは行ってると思いますが、
厳密にはそこまでは出せていないと思います。
何にせよ、かなりのハイ・テンポで歩きながらの鼻歌です。

『蘇州夜曲』がいいのは、
2分割系の音符と3分割系の音符が程よく切り替わる点。
いい練習になります。

合奏でもやはり2分割から3分割への切り替え、
またはその逆、
というパターンを克服する練習に力を入れています。

うまくいくとき、いかないとき、いろいろです。
継続して取り組んでいきたいと思います。

新・歌姫2018年12月1日

海上自衛隊東京音楽隊の歌姫、
三宅由佳莉3等海曹はとても有名だと思います。
私は CD を7枚持っています。
(なお、現在の階級は存じ上げません。昇進していらしたら、ごめんなさい)

タワレコで何となく CD を渉猟していたら、
陸上自衛隊中部方面音楽隊の CD があり、
「陸自の歌姫」鶫真衣(つぐみ・まい)3等陸曹が歌うものだったのです。

海自に負けじと、
陸自も歌姫を採用したのでしょうか?
その辺りの事情はよく分かりませんが …

陸上自衛隊中部方面音楽隊と言えば、
駐屯地は伊丹です。
約20年前に取材で訪れたことがあります。

また、
現在は中央音楽隊(つまりは東京)に所属している高校時代の同期生が、
かつては伊丹にいました。

そんなこんなで個人的に親しみを覚えます。

『いのちの音』と題された CD 、
実に素晴らしい音楽でした。
歌姫の歌だけでなく、
音楽隊の吹奏楽も素晴らしいと思いました。

基礎固め2018年12月1日

11月30日(金)は、

ピッコロ × 1
E♭クラリネット × 1
B♭クラリネット × 6
アルト・サックス × 1
トランペット × 3
ホルン × 3
トロンボーン × 2
ユーフォニアム × 1
パーカッション × 1

そして私の計20人で合奏しました。

すぐそこに演奏会がある訳ではないので、
じっくり基礎固めさせてもらっています。

凄く重要だと思うのですよ。

『えちてつ物語』を観る2018年11月28日

いやぁ~、いい映画でした。

特に音楽は、吹奏楽でしたな。

やられました。

基準木2018年11月27日

私が勝手に紅葉の基準木としている、
相国寺のカエデ(だと思います)

もう一息ですかな。

8分音符と3連符2018年11月27日

2/4拍子の音楽では、
基準となるのは4分音符です。

4分音符を半分に割ると8分音符、
3分割すると3連符。

至って簡単なのですが、
8分音符と3連符の切り替えとなると、
途端に難しくなります。

そんな楽曲を練習することと相成りました。
リードの『第2組曲』の第1楽章です。

これまで、合奏の最初の基本練習で、
終止形を用いて3連符の練習をよくやってきました。
8分音符よりも3連符の方が難しいのです。

が、先日の金曜日から、
8分音符と3連符を交互に刻む練習を始めました。

初回ですから、
あまりうまくはいきませんでした。
これからも続けて、
リズム切替の感覚を養っていきたいと思います。

この練習、
歩きながらでもできちゃいます。
周囲の人に怪しまれないよう気を付けながら。

息を吸う2018年11月26日

またもやギックリ腰になってしまいました。

一生付き合っていかなければならないとは思うのですが、
少しでも改善してくれればと思い、
知り合いの知り合いのそのまた知り合いくらいの人に紹介してもらい、
月一くらいのペースで生駒の整体院に通っています。

先日は、
「かなり体が緊張していますねぇ~」
ということで、
呼吸法によってほぐしてみましょうとなりました。

鼻から吸って口から吐く。
これなら一般的だし、
吹奏楽をやっている身としては慣れた方法です。

が、教えてもらったのは、
ストローをくわえて、
先細りにならないように深く息を吸ってから、
鼻から吐くというやり方。

これが物凄くしんどくて、
3回も繰り返すとへとへとになってしまいます。

が、ほぐれているのが実感できます。

全くもって意外でした。

またもや久しぶりの楽曲2018年11月23日

11月23日(金)は、

E♭クラリネット × 1
B♭クラリネット × 5
アルト・クラリネット × 1
アルト・サックス × 1
トランペット × 6(見学1含む)
ホルン × 2
トロンボーン × 1
ユーフォニアム × 3
パーカッション × 1

そして私の計22人で合奏を行いました。

アルフレッド・リードの『第2組曲』は、
もちろん初めて演奏するという方もいると思いますが、
せせらぎとしては再演となります。

同様に、
この日から合わせ始めた『スーパーマリオブラザーズ』も再演です。

さてさて、『スーパーマリオブラザーズ』ですが …

スコアをパッと見たとき、
かつて演奏した曲ではありますが、
「難しい!」と思いました。

その後、旋律を口ずさんでみると、
「やっぱり馴染みのある曲やな。割といけるんとちゃうか?」と思いました。

今度は詳しく読んでみると、
「いやいや、こりゃ一筋縄ではいかんぞ」と思いました。

ほんでもって合奏。

予想通り、
割と大丈夫やな、
という感じと、
やっぱり難しいな、
という感じが交錯しました。

地道にやっていきましょう。