高校野球観戦2018年7月23日

7月22日(日)。
夏の高校野球の京都大会。
南丹 vs 鳥羽 の試合を、
わかさスタジアム京都(西京極球場)に観に行ってきました。

20180722わかさスタジアム京都_南丹vs鳥羽

酷暑の影響で、
試合開始が8時30分。
それでも暑いのなんの。

前半はなかなかに引き締まった試合で、
1-0で南丹がリード。
鳥羽はヒットも出ません。

が、6回裏の鳥羽が7得点のビッグ・イニング。
8回裏にもう1点追加した鳥羽がコールド勝ちしました。

麦藁帽子のおかげで首筋がオーバー・ヒートすることはありませんでしたが、
あまりの暑さゆえ2試合目は観ずに引揚げました。
たった1試合の観戦でしたが、
やはりいいもんですな。

「フィロス」パーカッション・コンサートを聴く2018年7月23日

7月21日(土)の昼下がり。
パーカッション・グループ「フィロス」のコンサートを聴きに、
城陽の文化パルク城陽に行ってきました。

近鉄の寺田駅を降りて10分弱、
炎天下を歩いた後に待つ、
涼しいホール。
ここで聴く打楽器の音色は至福。
正直申しましてウトウトしてしまうこともありますが、
つまりはそれくらい気持ちいい音なのです。

今回の演奏会は、
これまでに演奏してきた楽曲の中からの選りすぐりだそうです。
いわば、ベスト・アルバムですな。

『ケルベロス ドラムス』は、
いくつかの打楽器を3人の奏者で演奏する曲。
以前聞いたときには横一列にならんで演奏してはったように思うのですが、
今回は三角形の配置で演奏されました。
ひと工夫なのでしょうな。

『フュージョン マレッツ』はせせらぎのパーカッション・パートも演奏したことがあり、
私の大好きな曲の一つ。
真夏の昼下がりに聴くのにピッタリな印象です。

『彩 ~ SAI ~ 』は、
夜桜、紫陽花、楓と題された3つの楽章に分かれています。
私にとっては初めて聴く楽曲だったように思いますが、
とても魅力的な作品でした。

※※※

主宰者の N 福さんには、
何度もせせらぎコンサートで助けてもらっています。
高校の先輩でもある K 若さん、
今回も繊細かつパワフルなドラミングでした。
残念ながらこの7月の定期演奏会をもって退団された T 永リーダーも所属されています。
縦横無尽のご活躍でした。

来年も楽しみにしております。

鼻歌トレーニング、続く。2018年7月22日

7月20日(金)は、

ピッコロ × 1
フルート × 1
バスーン × 1
E♭クラリネット × 1
B♭クラリネット × 7
アルト・クラリネット × 1
トランペット × 6(見学1含む)
ホルン × 3
トロンボーン × 2
ユーフォニアム × 1

そして私の計25人で合奏しました。

7月6日(金)は大雨のため全体練習が急きょ中止。
言い出しっぺは私でしたが。

7月13日(金)は仕事がどうしても終わらず欠席。

ということで7月20日(金)は私にとって久しぶりの練習でした。

例年ですと、
演奏会が終わると、
新規に取り組む楽曲の譜読みはもちろんしますが、
歩きながらや電車に乗りながらの「鼻歌トレーニング」はやめてしまいます。
休みたいからです。

ですが、
今年は演奏会の前から決めていたのですが、
演奏会後も、
演奏会のプログラムを曲順に鼻歌しつづけようと。

演奏会前のように一日に必ず全曲を歌うとは縛らないで、
1曲でも2曲でもいいから出来るだけやる。
やらない日があってもいい。
それくらいの気楽さで歌おうと。

実は例年、
演奏会に力を入れ過ぎて、
演奏会後に疲れ切ってしまい、
何もしなくなって勘が鈍る傾向にあったと自己分析します。

だからということで今年の演奏会に手を抜いたつもりはありません。
おそらく入れ込み過ぎたせいで、
『ジャングル大帝序曲』の楽譜レイヤーが頭から消えたのだと思いますし。

気の持ちようを変えてみたのです。

一回の演奏会は大切ですが、
それですべてが終わりではない。
人生の中においては通過点に過ぎない。
そこで息切れしてしまってはどうしようもない。
一休みするくらいはいいけれど、
演奏会後の完全休止はやめておこうと。

7月20日(金)に取り組んだのは、
私たちにとっては新譜である星野源さんの『恋』と、
昨年の演奏会で取り組んだ2曲。
9月の出演機会に向けての練習でした。

入りやすい曲であることに助けられましたが、
音楽から離れない毎日を送っていたことに助けられたのも事実だと思います。
久しぶりの合奏なのに、
とてもやりやすく感じました。

言葉がありません。2018年7月12日

この度の大雨による甚大な被害。
言葉を失ってしまいました。

「ひとりごと」再開まで、
今しばらくお時間をいただければと思います。

大雨2018年7月7日

20180707三条大橋南、鴨川右岸

三条大橋の少し南、
鴨川右岸の護岸が崩れたというニュースに接したので、
用事の帰りに見ました。

大雨のため2018年7月6日

本日(7月6日(金))の練習は中止です。

『吹奏楽古典的名曲選』を聴く2018年7月3日

演奏会の数日前、
梅田のタワレコで『吹奏楽古典的名曲選』という CD をたまたま見つけたので、
衝動買いしました。

演奏は、
海上自衛隊東京音楽隊、
航空自衛隊航空中央音楽隊、
航空自衛隊西部航空音楽隊。

曲目は、
レックス・ミッチェルの『大草原の歌』や、
コーディルの『吹奏楽のための民話』や、
ネリベルの『交響的断章』や、
ジェイガーの『シンフォニア・ノビリッシマ』や、
チャンスの『呪文と踊り』等々。

どの曲も、
聴いた瞬間、
「クゥ~ッ!」
と言いそうになります。
暑い日に一杯目のビールを呑んだ時のように。

特にウィリアム・シューマンの『チェスター序曲』を聴いて、
「ホント、いい曲だなぁ~」と思いました。

『チェスター序曲』というと、
『ニューイングランド三部作』の3曲目『チェスター』としても知られています。
私が勝手に私淑するマエストロ・フレデリック・フェネルが、
東京佼成ウインドオーケストラとともに吹き込んだアルバムに、
極めつけの名演が収録されています。

フェネル & TKWO の様々な名演奏を聴きなおしたくなってきました。

素晴らしい!2018年7月3日

私が好きなスポーツはやっぱり野球でして、
サッカーには今一つ入り込めません。

とはいうものの、
日本代表がこれだけ活躍されれば、
興味ゼロではありません。

先ほど終わったベルギー戦。
午前3時のキックオフから観るのは難しかったですが、
ほぼ普段通りの4時半に起床したので、
2対2の同点に追いつかれた(のですよね?)直後から観ました。

最終的には2対3で敗れたものの、
素晴らしい戦いを見せてくれたと思いました。

試合に負けたのは確かですが、
スピリットは負けてないと思います。

ありがとうございました。2018年7月2日

第31回せせらぎコンサートを終えることができました。
幸い雨は降りませんでしたが、
猛烈な暑さの中お越しくださった皆さま、
本当にありがとうございました。

プレイヤーの皆さま、
お手伝いいただいた関係各所の皆さま、
ありがとうございました。
おつかれさまでした。

特に朝からのトラブルで、
冷汗をかき、
体は大汗をかいてくださった皆さま。
それでも冷静に対処してくださいました。
言葉に表しようのない感謝の気持ちでいっぱいです。

※※※

さて、
ここからは私自身に起こったトラブルを正直に報告します。

リハーサルで、
『リヴァーダンス』の第2楽章、
つまり高速変拍子を振り間違いました。
すぐに修正が効いたのですが、
「散々練習してきたのに、何か変やな?」
と思いました。

本番。
第1部ラストの『オペラ座の怪人』で、
まず左足が攣りました。
重心をやや右足に乗せていたら、
今度は右足も攣りました。
結局、両足を攣ったまま第1部を終えました。

これは休憩時間に回復。

第2部最初の『ジャングル大帝序曲』。
問題はこれです。

今年は『リヴァーダンス』の高速変拍子が難しいこと、
大きな曲が3つもあることから、
スコアを覚える作業を例年より1か月半くらい早め、
4月頃からスタートしました。

覚えたとしても、
スコアをめくりながら指揮する予定でした。
安全のために。
その練習を何度かやりましたが、
結局は楽譜を見ていないのです。
「大体この辺で譜めくりやな」と思いながらめくるのですが、
ふとスコアに目を落としたら全然違う頁が開いていたりして。

これでは譜めくりする意味がないし、
譜面台の空間が邪魔に思えてきます。
そんな訳でスコアを見ずに指揮しようと決めました。

暗譜による指揮のイメージは、
目の前にある薄いレイヤーにスコアが映っていて、
それを透かして奏者の皆さんを見ている感じ。

で、件の『ジャングル大帝序曲』。
終結部、ホルンが咆哮する5拍子のところで、
急にレイヤーが消えたのです。
いわゆる「頭が真っ白になった」状態です。

私は体が動かなくなりました。
と同時に、
咄嗟の判断で、
下手に動いてはマズいと思いました。

ホルンの咆哮が終わったところでレイヤーが復活し、
なんとか曲を終わらせることはできました。

ホルン奏者の方々をはじめ、
皆さんに助けていただきました。
本当にありがとうございました。
そしてお詫び申し上げます。

『ジャングル大帝序曲』の5拍子が消えたことで、
この後に続く『リヴァーダンス』『パイレーツ・オブ・カリビアン』の変拍子が不安でした。
が、これらは問題なく振ることができました。

『ジャングル大帝序曲』で何が起こったのか、
今もって謎です。

本番当日の朝2018年7月1日

おはようございます。
いつも通り早起きしました。

ただし、
そういう時は昼過ぎに眠くなるのが通例。
それで今年は、
眠くても目をつぶらないで鼻歌トレーニングする練習を積んできました。
果たしてその成果は出るでしょうか?

そんなことより、
やはり気になるのは、
毎年のことながらお天気です。

お客さんのことを考えても、
楽器運搬のことを考えても、
雨が降らないでほしい。
ただただ祈ります。

それから、
午前中のゲネプロでどんな音が出るかも気になります。
今日一日のバロメーターですから。

一人一人が力まず、
程よい緊張感を持って臨むことができればいいのですが。